お知らせ

院内での携帯電話・スマートフォンの使用について

当院ではこれまで、医療機器への影響、病院の静粛性への配慮等の観点から基本的に携帯電話の使用を禁止しておりましたが、近年の携帯電話・スマートフォンおよび医療機器の機能向上により、総務省をはじめとする関係機関から携帯電話・スマートフォンによる医療機器への影響がほとんど確認されない旨の報告が出されております。

つきましては、患者さん及び来院される方の利便性を図るため、一定のルールのもとで携帯電話・スマートフォンの使用制限を一部緩和することといたしました。携帯電話・スマートフォンの使用にあたりましては下記の注意事項を守り周囲の迷惑にならないようご使用ください。皆様のご協力をお願い申し上げます。

 

注意事項

◾指定場所以外での通話はご遠慮ください。

◾院内ではマナーモード及びサイレントモードに設定してください。

◾消灯後の使用はご遠慮ください。(7:00から21:00までの使用は可能です。但し、緊急時についてはこの限りではありません。)

◾プライバシー保護のため、写真・動画撮影及び録音機能の使用は行わないでください。

◾歩行しながらの通話やメール、大きな声での通話は行わないでください。

◾植込み型ペースメーカー・除細動器等の誤動作、補聴器への雑音混入の可能性があるため、携帯電話使用者にできるだけ近づかないようにしてください。

◾携帯電話・スマートフォン等をお持ちの方は、医療機器(輸液ポンプ・医用テレメータ等)使用者にできるだけ近づかないでください。(マナーモードでも電源が入っている携帯電話は、電波を発します。)

◾他の方から苦情がある場合は、職員が使用中止を求めますのでご協力ください。

 

携帯電話・スマートフォン等使用許可エリアについて

通話許可エリア 案内図の携帯電話使用可能エリア(案内図内:グリーンエリア)

電話室

個室病室(4人床以外)

メール・ネット閲覧等

許可エリア

通話禁止

1F待合ホール、2F談話コーナー、病室

 

院内PHS
•当院では、相互の連絡を密にし、緊急時において迅速に連絡し対応ができるよう、医療用PHSを使用しております。

•当院で使用しております医療用PHSは、その電波が医療機器等に影響を及ぼさないことを事前に確認しておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

                            病院長

このページの先頭へ戻る